読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomoima525's blog

Androidとか技術とかその他気になったことを書いているブログ。世界の秘密はカレーの中にある!サンフランシスコから発信中。

Webアプリエンジニアができるまで」に行ってきた

f:id:tomoima525:20140320211306j:plain:w400

「Webアプリエンジニア養成読本」という本の刊行記念でトークセッションが開催されていたので参加してきたので、その感想書きます。

Webアプリエンジニア養成読本[しくみ、開発、環境構築・運用…全体像を最新知識で最初から! ] (Software Design plus)

Webアプリエンジニア養成読本[しくみ、開発、環境構築・運用…全体像を最新知識で最初から! ] (Software Design plus)

内容は「Webアプリエンジニア養成読本」の著者である和田氏(ゆーすけべー/「ボケて (bokete)」開発者)、石田氏(フリーランスエンジニア)、すがわら氏(『パーフェクトRuby』共著者)、斎藤氏(株式会社ハートビーツ 運用エンジニア)の4人が、webサービスを作る楽しさをざっくばらんに話すといったものでした。

なるほどなーと思った言葉

いくつかテーマがあったのですが、その中でなるほどふむふむと思った言葉をピックアップしました。

webアプリの何が楽しいんだろう?

  • スピード感のある開発
    SIと違い、自分で考えたことを実行するので、制約がない分スピードが速い。
    コストも安い(boketeは2ヶ月で2人でサーバ2台で立ち上げた)

  • 成長のリンク
    成長につながるのでサービスに対してコミットできるようになる

コミュニティのつながりについて

  • いつから始めるとかは関係ない。仲間大事。
    サービスを仲間内でやったり、エンジニア間で交流することで、気づいたらすごいところまで行ってたりする。 世間話をするように技術の話やサービスについて話せる仲間を作ること大事。

  • オンラインも重要
    他の人に自分がどういうことをしているかをブログなどでアウトプットすること。
    インターネットにものを投げ入れると返ってくることがある。(ブログに上げたスクリプト小飼弾さんに勝手にレビューされたとか)
    ツイッターだと流れていってしまうから、ブログの方が長く積み重なるのでよい。

言語の選び方

  • 言語選定は友達に聞ける言語を選ぶといいかも。 まずはメジャーな言語を一個やっとけば、あとは似た部分があるので、なんとでもなる。

  • 書いてて気持ちいい言語っていうのも大事。

感想

トークセッションながら、飲み屋さんで話を聞いているようなカジュアルな雰囲気でした。会場はジュンク堂池袋本店のカフェで、スピーカーとオーディエンスの距離が近かったこともあるのかも。
あ、観客はweb系の人が半分くらいで、あとはビジネスマン風の人だったのが結構意外でした。

4方の話を聞いてて思ったのは、やはり好きなことを続けることって大事なんだな、ってことです。 好きだから続くし、さらにスキルも身に付いて、もっと好きになるっていう良い循環がまわるんだと思います。
さらに好きな人同士で共有することで、もっといいものができたりもする。

webサービス作る時ってマネタイズとかパブリッシュとか(自分は)色々と考えがちですけど、もっと純粋に楽しくサービス作っていきたいですねー。

f:id:tomoima525:20140320234843j:plain:w400

本にサインもしてもらいました!

セッションで紹介されていたサービス

bokete http://bokete.jp/ 言わずと知れた写真でボケるサービス
TOLOT http://tolot.com/ パソコンやiPhoneAndroid専用アプリを使ってオリジナルフォトブックが簡単に作成できるサービス
tailf http://tailf.cfe.jp/ (InstagramFacebookPicasaの写真を手軽にTOLOTフォトブックデータ(.tlt)化するサービス
ハートビーツ http://heartbeats.jp/ 24時間の運用保守を請け負うサービス(会社)