読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomoima525's blog

Androidとか技術とかその他気になったことを書いているブログ。世界の秘密はカレーの中にある!サンフランシスコから発信中。

ベンチャーに転職して半年が過ぎました

f:id:tomoima525:20140923003830j:plain:w400

今更なのですが、半年前に大手と呼べる規模のIT企業からベンチャー企業へ転職をしました。半年ほどたって、当時の心境や今の考えなどを振り返ってみました。

転職のきっかけ

カツ代先生と私

深夜仕事から帰ってきて、NHKをぼーっと見ていたところ、今年1月頃亡くなられた小林カツ代さんの追悼番組がやっていました。
料理を作っているカツ代さんは本当に本当に楽しそうで、満面の笑みで料理を作っていました。
自分もこういう風に自分が楽しいと思うことを、心から楽しんで生きたいな、NHKの受信料払っておいてよかったな、と、その時セツに思いました。

前職の会社と私

翻って自分のワークライフを見てみると、なんだかいっつも窮屈に感じていることに気づきました。
上司には具体的にやりたいことを話していたのですが、そこは大きな企業、一兵卒の戯言が通るはずはありません。
希望かなわず、上司から「まだまだ仕事人生長いから」と言われた時、自分は戦死する前に飛び出すことを決意しました。

転職した先

CtoCのベンチャーに転職しました。元々データベース系のインフラエンジニアだったのですが、Androidエンジニアとしてジョインしました。
元々個人で(モテたいがために)Androidのアプリ開発をしていたのですが、それが功を奏したと思ってます。モテたくて良かった。

なぜベンチャーを選んだのか

ベンチャー企業を選んだ理由としては、いくつかあります。

  • 会社に依存せずに生きるためのスキルと市場価値を身につけたかった
    会社は会社で目標があって、社員を動かすわけですが、その時会社に依存していると従わざるを得ません。極論、明日から年収半額ね!と言われても飲まざるを得ません。そういう状況に陥ることこそがリスクなんじゃないかとひしひしと感じていました。
    世界のどこでもやっていけるような、自分の市場価値を高められる環境を考えた時、個人の実力が会社の成長に直結するベンチャーが良いんじゃないかと思いました。

  • 自分の働きたいと考える環境と合致した
    次の働くフィールドを考えた時、自分が心から熱中できることに、尖った人たちと一緒に取り組める環境が良いな、と贅沢にも思いました。その想いを持って色んなツテをたどり、運良く出会えたのが、今の会社でした。

ベンチャーでの働き方を知る上では、複数ベンチャー企業アドバイザーなどをしている方と知り合いになったことがとても大きかったです。当時はベンチャーなんて全くの未知の存在で、もしこの方と巡りあわなければ、ベンチャーに行くという選択肢はありえなかったと思います。

とゆーわけで人との出会いは大事です、本当に。

ベンチャーで働くってどんな感じ

想像通りだった部分と、想像と違った部分がありました。

  • 自由さ(想像通り)
    勤務時間や勤務スタイル等、大変ゆるやかです。Tシャツビーサン短パンで出社しても「虫取り網と虫カゴは?」と言ってくれる人たちがいます。
    一方自由だからこそ、それを維持するために仕事については責任感を持って行動している人が多いなと思います。

  • メンバーのコミットの高さ(想像通り)
    大企業だと指示待ちで行動していても、なんとなく動いてしまったりする面がありますが、ベンチャーは人が少ない分、物事を動かすためにメンバーが自律的に一つ一つの課題に向かい合っているなーと常々感じます。大企業が軍隊なら一騎当千の野武士集団といった印象です。

  • コミュニケーションコストの低さ(想像と違った)
    前職ではメインのコミュニケーションツールがメールで、朝から晩まで書き続ける毎日だったのですが、そういう状況からは完全に開放されました。
    会社ではyammerとredmineを使っており、これでたいがいのやりとりが完了します。自分が本来すべきことにフォーカスできていると思います。

今の考え

大企業を飛び出したことは良い選択だったと思います。自分が楽しいと思えることを毎日できるっていうのは本当にシアワセです。
社外でのイベントに登壇したり、個人で仕事を請け負ったりもするようになって、人との出会いが爆発的に広がったと感じています。

...やばい、普通に思うことツラツラ書いてたら便所の落書きのようなエントリーになってしまった!
この記事はベンチャー礼賛みたいになってしまいましたが、前職での色んな経験が今も役に立っているし、優れた同期に出会えたことも大きな企業ならではと思ってます。

とりあえず、まだまだ全然スキルが足らないと日々感じているので、とにかくレベルアップしたいと思う所存です!