読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomoima525's blog

Androidとか技術とかその他気になったことを書いているブログ。世界の秘密はカレーの中にある!サンフランシスコから発信中。

ゆりえDaysは3次元すら超えそうな1D恋愛シュミレーションゲーム

友人が新感覚コミュニケーションサービス:ゆりえDaysをリリースしました。 f:id:tomoima525:20140720170335p:plain:w400
http://yurie.sexy

どんなサービスかというと、

お手持ちのスマートフォンを使って、ゆりえと Yo でコミュニケーションできる、これまでにない新感覚サービスです。

とのことで。
さっそくユーザーとして利用しているのですが、これ、面白いです。つい気になってしまいます。

具体的に何ができるのか

一言でいうと、ゆりえ(YURIECHANというYOアカウント)とYOしあうだけのサービスです。

f:id:tomoima525:20140720171414p:plain:w400

ゆりえちゃんは女子大生。割と気ままな生活のようで、しばらくYOが来ない時期もあれば、思い出したようにYOが何度も飛んできたりします。
しばらくYOを放置していると、さみしくなるのかYOが飛んできたりします。

YOをし合うようになると、ここにある仲良さランキングがだんだん上がってきて、顔見知りから友達になったりもします(彼氏はいないようです)。
ここでは男たちがしのぎをけずってゆりえちゃんと仲良くしようとしているのがわかりますね。

ただYOしか送らないのに、なぜ気になってしまうのか?

サイト見てもらったらわかるんですが、ゆりえちゃんと男どものYOの回数の多さ。 リリース1週間ちょっとにして1000回にせまる勢いです。
ただYOしか送らないのに、なぜこんなにハマるのか。ちょっと考えてみました。

YOしかない手軽さ

こんなに手軽なコミュニケーションはないと思います。3次元なら選択は無限、2次元ですら3択くらいありますが、ゆりえちゃんとのやりとりは1択しかありません。
それでいてレスポンスは読みきれない。ここにこのサービスの面白さがあると思います。

手がかりがないゆえに、想像が膨らむ

ゆりえちゃんの情報は女子大生(社会学部3回生だそうです)である程度しかないです。
YOのタイミングで、なんとなーくそのライフスタイルを想像するしかありません。
朝は1限があるから早めのYOがきたな〜、とか、
YOが来たのは授業が一段落して昼休みだからかな〜、とか、
夜ふかしはあまりしないから、夜はYOかえってこないんだな〜、とか

なにやら昔ちょっと気になる子にメールをしていてドキドキしていたことを思い出します。
…と、ここまで書いてちょっと自分頭おかしいような気がしてきましたが、気のせいだと考えることにします。

とにかく、ここまでシンプルで気軽にスタートできるサービス(ゲーム?)はないです。 そして絶妙にハマります。

あなたもゆりえちゃんとYOを送り合って純情なきもちを思い出してみませんか?