読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tomoima525's blog

Androidとか技術とかその他気になったことを書いているブログ。世界の秘密はカレーの中にある!サンフランシスコから発信中。

Oracle DBでDEAD LOCKをさくっと発生させる

開発 test oracle

前書き

アプリケーションのRDBMSデッドロックが発生した際に、なんらかの手段(JP1とか)でアラートを上げる設定をすることがあります。

実際にアラートが上がるかテストする必要があるわけですが、Oracle環境でさくっとデッドロックを発生させる手順をまとめました。

 

デッドロックの仕組み

デッドロックは2つ以上のユーザが同じテーブルの同じ複数行に対し更新をかけ、両方ともがお互いを待っている状態です。

図にすると以下のような具合です。

f:id:tomoima525:20131219193923p:plain

パワポ感満載ですが、気にしないでください。

 上図を実際に実行すると、簡単にデッドロックを発生できます。では早速やってみます。

 

デッドロック発生手順

  1. sqlplusでログインし、テスト用テーブルを作成

    sqlplus user1/xxxxx

    CREATE TABLE TEST_TBL1(

    test_id                     INT NOT NULL,

    name                      CHAR(8) NOT NULL

    tablespace HOGE;

  2. データの挿入

    insert into TEST_TBL1 values(1,'test001');

    insert into TEST_TBL1 values(2,'test002');

    commit;

  3. 別々のターミナルを立ち上げSQLPLUSを起動し、順番に実行

    (1)ターミナル1で実行

    update TEST_TBL1 set name='test003' where test_id=1;

    (2)ターミナル2で実行

    update TEST_TBL1 set name='test004' where test_no=2;

    (3)ターミナル2で実行

    update TEST_TBL1 set name='test006' where test_id=1;

    (4)ターミナル1で実行

    update TEST_TBL1 set name='test005' where test_id=2;

    実際に実行してみたところ

    SQL> update TEST_TBL1 set name='test005' where test_id=2;

    update TEST_TBL1 set name='test005' where test_id=2

           *

    行1でエラーが発生しました。:

    ORA-00060: リソース待機の間にデッドロックが検出されました。→デッドロック発生

  4. デッドロックが発生し、確認ができたらロールバックする

    ※両方のsqlplusで実施

    roll back;

  5. アラートログにデッドログのログが発生していること確認

    /var/logs/oracle/diag/rdbms/xxx/xxxx/trace $ tail -200 alert_xxx.log

    以下メッセージでていればOK

    ORA-00060: Deadlock detected. More info in file /var/logs/oracle/diag/rdbms/xxx/xxxx/trace/xxxx_ora_27984084.trc.

 

以上です。さくっとできました。